l■‐か行

梶勇樹 BeneShare (ベネシェア) 200万円を受け取れない決定的な理由を暴露します。

投稿日:

ゆうりです。

 

今回は

梶勇樹 氏のBeneShare (ベネシェア)

というオファーをレビューします。

 

梶勇樹 氏によると

”100億円確定の先行者利益が確定していて

6日後に動画を見ている全員に最低200万円が手に入る”

だそうですが

 

果たして本当なのでしょうか?

さっそくみていきましょう。

 

 

梶勇樹 BeneShare(ベネシェア)検証レビュー

特定商取引法に基づく表記

【販売業者】

EVE MARKETING PTE.LTD.

【住所】

20A TANJONG PAGAR ROAD Singapore 088443

 

梶勇樹 氏が謳う先行者利益の正体とは?

 

梶勇樹 氏のBene Share (ベネシェア) は

第1話ではビジネスモデルを明かしていません。

 

ですが、BeneShare (ベネシェア)の動画の中で

梶勇樹 氏は情報を仕入れて投資で大成功していたことや

BeneShare (ベネシェア)のメンバーも

投資で成功した報告LINEのシーンもあったことから

ビジネスモデルは投資になるでしょう。

 

ポイントは2つ

 

・先行者利益

・分かち合えば分かち合うほど小さくなるどころかむしろ利益が大きくなるような仕組み

 

です。

 

梶勇樹 氏がおっしゃっていた

この2つから推測するに

ビジネスモデルは仮想通貨で

稼ぎ方はICOになると思われます。

 

となれば

重要なのは情報の信頼性になりますね。

 

梶勇樹 氏は動画の中で

 

先行者利益の最大のメリットって

正しい情報一つで全員が同じようにノーリスクで稼げてしまう

 

 

と、おっしゃっていました。

 

梶勇樹 氏の情報は

正しい情報なのか?

という部分がBeneShare (ベネシェア)のキモになりますね。

 

 

過去のICO案件がことごとく失敗している理由

 

仮想通貨のICO案件というのは

仮想通貨の名が広まり始めた頃に

かなり流行っていました。

 

そんな中

僕も何十件とICO案件を見てきましたが

ひとつも成功と呼べるものに出会えてはいません。

 

確かに

そのコインを欲しがる人が増えれば増えるほど

そのコインの価値というのは上がっていくので

 

梶勇樹 氏がおっしゃっていたように

分かち合えば分かち合うほど小さくなるどころか

むしろ利益が大きくなるような仕組み

というのは間違ってはいません。

 

で、無料オファーを通じて

そのコインを求める人が増えるのも事実です。

 

ですが

参加者が成功することはありません。

 

それはなぜか。

 

今回の梶勇樹 氏のBeneShare (ベネシェア)のような

無料オファーでICOで紹介される前に

初期段階ですでに仕込んでいる層が存在していて

上場した瞬間に勝ちが確定している人がいるからです。

 

仮想通貨は先ほどもお伝えしたように

欲しい人が増えれば増えるほど価値が上がりますが

当然、手放す人が多ければ価値は下がります。

 

要するに

BeneShare (ベネシェア)で販売されるより

遥かに安い価格で仕込んでいた人たちは

上場さえすれば勝ちが確定しているけど

 

BeneShare (ベネシェア)で初めて知って

そこから購入するということは

上場した価格がスタートラインということです。

 

当然、すでに利益が出ている人は

早々に利益を確定させて撤退しますから

その結果、そのコインの価値は暴落します。

 

つまり

ICOなんて出来ゲームなんですよ。

 

個人的には

ICOで参加するんじゃなくて

上場して価格が暴落してから買った方が

よっぽど低リスクだとすら思います。

 

結局のところ

こうして不特定多数に

一斉に拡散されていることが

下流である何よりの証拠ですし

 

これだけ大々的に行われているキャンペーンなので

先行者も何もありません(笑)

 

だって、誰でも知れるんですから。

 

結局はBeneShare (ベネシェア)も

梶勇樹 氏がコインの転売をしたいだけの

オファーの可能性が非常に高いように思います。

 

梶勇樹 氏を信用できない決定的な理由とは?

 

梶勇樹 氏は

100億円確定している根拠として

 

”日本でベネシェアだけが独占している”

 

と、おっしゃっていました。

 

つまり、BeneShare (ベネシェア)は

当たり前ですが日本で行われているオファーであり

日本人がターゲットというわけです。

 

ですが

特商法の住所がシンガポールになっているんですよ。

 

・・・なんで?

 

仮に何かトラブルが起きた際に

問い合わせするのに困りますよね。

 

しかも

外国の住所だけ記載されていて

連絡先も電話番号もなし。

 

そもそもの話

特商法に記載しないといけない事柄なので

記載されていない時点で信用できませんし

明らかに意図的にやっているような印象すらあります。

 

で、問題なのは

海外に住所があるということは

日本の特商法が適用されないんです。

 

ということは

梶勇樹 氏と連絡がつかないから

消費者センターに行っても

弁護士に相談しても

相談に乗ってくれる可能性は非常に低く

泣き寝入りすることになる可能性が高いということです。

 

まとめ

 

梶勇樹 氏のBeneShare (ベネシェア)は

 

・100億円の根拠が謎

・梶勇樹 氏の情報が正しいとは思えない

 

これらのことから

おすすめできる案件ではありません。

 

日本でベネシェアだけが独占しているというのも

今回このために作ったんだから当然です(笑)

 

まぁ、もし

6日後に200万円が手に入ったなら教えてください^^

 

 

無料メール講座やってます!


最短距離で脱サラを目指す方法を

全4回のメール講座にて解説しています。

 

第1回:ネットビジネスをやらない方が良い人


第1回目のメール講座では

”○○という心理があると

ビジネスに成功するのが極めて難しくなる”

ということについて解説していきます



これを知っているか知らないかでは

天と地ほどの差があるので

導入部分とさせて頂きました。


第2回:○○は実は大して稼げない


第2回目のメール講座では

色んなサイトで初心者におすすめだとされている

○○がおすすめできない理由について

必要になるスキルなどを交えながら解説していきます。

 

第3回、第4回:最短距離で成功するためのビジネスモデルとは?


第3回、第4回のメール講座では

最短距離で成功するためのビジネスモデルについて

その理由を交えて解説していきます。



以上が、当メール講座の内容になります。



この内容からもわかる通り

コピペだけで稼げるとか

何もしなくても稼げる

みたいな内容ではありません。



しかし、遠回りせずに

必要最低限の作業で稼げるようになりたい方には

このメール講座は最適なものになっているはずですし


メール講座を受講し、ビジネスの本質を知ることで

詐欺まがいの悪質な無料オファーに騙されることもなくなります。

 

楽して稼げそうな情報に翻弄されて

時間を無駄に浪費するのはもうやめませんか?

 

メール講座は無料で受講できますし

いつでも配信解除もできますので

まずは登録してみてください^^

 

今ならメルマガ登録特典として


・軍資金調達!10万円錬金マニュアル

・TYS-system(独自開発したEA)


をプレゼントします!



TYS-system のフォワードも

当ブログで公開していきますので

参考にして頂ければと思います。



TYS-system とは?

TYS-system の成績はこちら



どちらも有料級のコンテンツで

いつまでも無料配布するつもりはないので

配布終了する前に受け取ってくださいね^^

 
 

 

【お知らせ】LINE@やってます!

 

更新頻度は低いですが

有益な情報や新しく始まる

企画の案内等をしていきます。


登録お願いします^^
 

友だち追加 

 

スポンサードリンク

 

-l■‐か行
-, , , ,

Copyright© ネットビジネスの表と裏 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。