┃■‐輸入転売

輸入転売とは?

投稿日:

ゆうりです。

 

今回は

輸入転売についてお伝えしようと思います。

 

「輸入」と聞くと、企業が行うものであったり

貿易の規模が大きいというイメージを持ちませんか?

 

しかし、最近ではインターネットの普及で

一個人でもインターネットで

輸入から販売までを行うことが可能になりました。

 

そのため現在では

完全在宅で個人で輸入転売をする方が増えています。

 

このように個人で行う輸入ビジネスは世間で

個人輸入・輸入転売と呼ばれています。

 

 

【目次】

  1. 輸入転売とは?
  2. 輸入転売のメリット
  3. 輸入転売のデメリット、リスク
  4. 輸入転売に向いている人
  5. 輸入転売に向いていない人
  6. まとめ

 

 

輸入転売とは?

 

輸入転売とは

海外から仕入れた商品を日本国内で販売して

その差額を利益として得るビジネスです。

 

仕入れ先が海外になるというだけで

安く買って高く売るだけということに変わりはないので

やること自体は国内転売と大きくは変わりません。

 

海外との取引では、翻訳サイトを使ったり

現在は日本人が運営している

買付代行業者などのサービスも充実しているので

 

もちろんできるに越したことはありませんが

外国語ができなくても実践できるようです。

 

実際、外国語ができなくても

ヤフーオークションやAmazonのサイトで

転売しながら取り組んでいる方も多いです。

 

実際、様々な仕入れ先や販売先あります。

 

①欧米輸入(eBay、Amazon)

②中国輸入(タオバオ、アリババ)

 

インターネット上に募集がかけられている

転売のスクールなどを見ていると

 

eBayや中国輸入もたまに見かけますが

 

リサーチ→買付の依頼→日本に発送→販売

 

が、一連の流れになります。

 

せどりなどの国内転売とは違って

現在の為替レートや手数料などを考慮した利益計算や

体積重量計算等にも気を配っておかなければ

思わぬ赤字を出すことにもなりますし

 

薄利多売になりがちなビジネスなので

多少は覚悟しておいた方が良いと思います。

 

 

輸入転売のメリット

 

・最初から高利益が狙える

・即金性が高い

・メジャーな商品が多い

・低単価でリスクが少ない

・自動化にも向いている

・在宅でできる

・敷居が低く、始めやすい

 

リサーチツールもあるので

日本で売れていて、実績のある商品を仕入れることができれば

全く売れないということはないと思います。

 

結果も出やすく、モチベーションも保ちやすいですし

売れると向上心もでてきます。

 

また、仕入れた商品をそのままAmazonのFBA倉庫へ直送すれば

全く商品自体に触れることなく、在宅で行うことも可能です。

 

稼ぐためのマーケティングスキルは必要なく

儲かる商品さえ見つけることができれば

初心者でも稼ぎやすいビジネスです。

 

 

輸入転売のデメリット、リスク

 

・売れる商品のリサーチが難しい

・不良在庫、赤字のリスクがある

・商品が届くまでに時間がかかる

・問題発生時に言葉の壁が大きい

・利益に比例して作業量が増える

・資金が必要

・ライバルが多い

 

海外との取引は

セラーに支払ってから本当に商品が届くのか

不良品を送ってこないかなどの問題があります。

 

Paypal決済が多いので、補償はしてもらえますが

問題が発生した場合は、言葉の壁などで解決しづらく

最悪泣き寝入りになることもあるかもしれません。

 

また、商品単価が高いものであったり

ある程度の量を仕入れないと大きな利益にならなかったり

 

購入した商品が届くまでに時間がかかり

タイムロスが起きてしまいます。

 

購入したお客さんは勝ったらすぐに届くと思っている方も多いので

これが原因でクレームやトラブルに発展する可能性もあります。

 

中国輸入では薄利多売になりがちで

自動化できないと作業量が多くなり

自分で梱包・発送作業をする場合大変な労力ですし

 

利用者とのやり取りやクレーム処理など

発送作業以外にも煩雑な作業が発生します。

 

転売は利益率20%あればかなり良いと言われるので

10万円の利益を上げるには50万円くらいの元手が欲しいところです。

 

海外輸入は基本的にクレジットカードを使って仕入れるので

引き落としまでに売れないと赤字になりますし

200万円くらいの枠は持っておいた方が良いと思います。

 

転売ビジネスは始めやすいビジネスではありますが

その分ライバルも多く、知識や経験が必要になってくるので

始めやすいだけで、結構大変なビジネスモデルです。

 

 

輸入転売に向いている人

 

物販ビジネスは先にある程度の金額を投資して

それ以上のお金を回収するビジネスですが

 

始めたばかりのころはリサーチスキルも乏しいはずですし

投資したお金がすぐに回収できるとは限りません。

 

仕入れをして転売するという作業を繰り返すことで

ある程度の在庫が増え、投資した金額以上の売り上げが上がり

利益が出てくることが多いです。

 

なので、資金が回収できるか不安でも

売れないリスクを恐れずに仕入れることができて

作業を辞めずに淡々とこなせる人は向いています。

 

利益を上げたいと思えば思うほど作業時間も増やす必要があるので

ある程度時間が取れる人が向いているでしょう。

 

 

輸入転売に向いていない人

 

基本的に仕入れて売るだけの単純作業なので

同じ作業を続けるのが苦手な人は向いていないと思います。

 

あとは、リスクを必要以上に恐れる人。

仕入れが出来ないと何も始まりません。

 

そして

作業時間を確保できない人はやらない方が良いと思います。

 

 

まとめ

 

転売ビジネスは大きく稼ごうと思えば難しいですが

稼ぎやすいビジネスモデルではあるので

勉強すれば多少は利益を出せるようになると思います。

 

ただ、個人的には転売は作業も多いですし、資金も必要で

作業量の割には利益率も高くないので

副業として実践するには不向きだと思います。

 

僕は、本業や生活に支障が出てしまうと

それは副業とは言えないと思うので

 

在宅でも無理なく堅実に稼げる

YouTubeやアフィリエイトをおすすめします。

 

【参考】

せどりとは?

 

無料メール講座やってます!


最短距離で脱サラを目指す方法を

全4回のメール講座にて解説しています。

 

第1回:ネットビジネスをやらない方が良い人


第1回目のメール講座では

”○○という心理があると

ビジネスに成功するのが極めて難しくなる”

ということについて解説していきます



これを知っているか知らないかでは

天と地ほどの差があるので

導入部分とさせて頂きました。


第2回:○○は実は大して稼げない


第2回目のメール講座では

色んなサイトで初心者におすすめだとされている

○○がおすすめできない理由について

必要になるスキルなどを交えながら解説していきます。

 

第3回、第4回:最短距離で成功するためのビジネスモデルとは?


第3回、第4回のメール講座では

最短距離で成功するためのビジネスモデルについて

その理由を交えて解説していきます。



以上が、当メール講座の内容になります。



この内容からもわかる通り

コピペだけで稼げるとか

何もしなくても稼げる

みたいな内容ではありません。



しかし、遠回りせずに

必要最低限の作業で稼げるようになりたい方には

このメール講座は最適なものになっているはずですし


メール講座を受講し、ビジネスの本質を知ることで

詐欺まがいの悪質な無料オファーに騙されることもなくなります。

 

楽して稼げそうな情報に翻弄されて

時間を無駄に浪費するのはもうやめませんか?

 

メール講座は無料で受講できますし

いつでも配信解除もできますので

まずは登録してみてください^^

 

今ならメルマガ登録特典として


・軍資金調達!10万円錬金マニュアル

・TYS-system(独自開発したEA)


をプレゼントします!



TYS-system のフォワードも

当ブログで公開していきますので

参考にして頂ければと思います。



TYS-system とは?

TYS-system の成績はこちら



どちらも有料級のコンテンツで

いつまでも無料配布するつもりはないので

配布終了する前に受け取ってくださいね^^

 
 

 

【お知らせ】LINE@やってます!

 

更新頻度は低いですが

有益な情報や新しく始まる

企画の案内等をしていきます。


登録お願いします^^
 

友だち追加 

 

スポンサードリンク

 

-┃■‐輸入転売

Copyright© ネットビジネスの表と裏 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。