l■‐か行

小堀ようすけ 日本再生プロジェクト SWEトークン が値上がりしないと思う理由

投稿日:

ゆうりです。

 

今回は、小堀ようすけ 氏の

SWEトークン (シルバーコイン) が公開されたので

検証レビューを行っています。

 

この記事にたどり着いたということは

日本再生プロジェクト の動画を

ご覧になっていると思いますが

どのような印象を持ちましたか?

 

・よくわからないなぁ

・これで私も石油王だ!

・またICOか・・・

 

など、色々思うところはあると思いますが

僕の意見としては

 

これ以上関わらなくてよい

 

です。

 

何故、そう思ったのかを

これからお話していきますので

ぜひ、お付き合いください。

 

 

小堀ようすけ 日本再生プロジェクト
SWEトークン (シルバーコイン) 検証レビュー

特定商取引法に基づく表記

【会社名】

RESPECT MD PTE.LTD.

【住所】

190 Middle Road #15-08 Fortune Centre Singapore

【ご担当者名】

HISANORI MORIMOTO

【電話番号】

050-5328-9637

 

【目次】

  1. 僕が絶対に参加しないと決めた理由
  2. 上場後の売却利益ではおそらく稼げない
  3. まとめ

 

小堀ようすけ 日本再生プロジェクト SWEトークン (シルバーコイン)

僕が絶対に参加しないと決めた理由

 

小堀ようすけ 氏の日本再生プロジェクト

仮想通貨がビジネスモデルで

ICOという方法で稼ぐ内容となっています。

 

ICOという仕組みは正しく利用すれば

仮想通貨発行者と出資者の双方に

大きなメリットがある仕組みではありますが

 

それはあくまでも

信用のある企業や個人の場合に限ります。

 

それこそ、ICOを仕掛ける側が

GoogleやAppleみたいな社会的にも信用の企業であれば

そこに投資するメリットは十分にあると思います。

 

しかし

シルバーウェーブシナジー社 (SWE)というのは

確かに実在する会社のようですが

 

小堀ようすけ 氏という無名の人物を使い

過去に詐欺まがいの行為を行っていた組織をバックにつけて

大々的にキャンペーンを行っているところをみると

どう考えてもリスクが高いと思うんですよね。

 

このブログの他の記事も

ご覧になって頂くとわかる通り

 

こんな頻繁に

数百倍、数千倍に価値が上がる

ICOが出てくるのもおかしな話ですし

 

詐欺まがいのオファーが乱立している

情報ビジネス業界でICOの出資者を募る

というのも更に怪しく見えてきます。

 

正直、SWE社がバックについているから

他の通貨に比べて値上がりしやすい

というのも意味が分かりませんし

 

大企業が作った通貨が必ず値上がりするか?

というとそういうわけでもありません。

 

結局、値上がりするかどうかは

市場が決めることです。

 

もちろん

ICOを行った企業努力によっても

多少は変わってきますが

 

それでも最終的に価格を決めるのは

市場であり、企業の大きさではありません。

 

仮想通貨の価格というのは

需要と供給のバランスで決まるので

 

買いたい人が多ければ値上がりしますし

売りたい人が多ければ値下がりします。

 

上場後に値上がりするかどうかは

言ってしまえば上場しなければわからないということですし

 

シルバーコイン が魅力的だと思って

色々な人に使ってもらわなければ

上昇はしないわけです。

 

しかし、シルバーコイン は

何が魅力で使ってもらえるのか?

ということについて説明がないので

 

信用するには少し早いんじゃないか?

 

と、僕は思います。

 

 

小堀ようすけ 日本再生プロジェクト SWEトークン (シルバーコイン)

上場後の売却利益ではおそらく稼げない

 

小堀ようすけ 氏の

日本再生プロジェクト では

3つの約束をしています。

 

 

先ほど、SWE社がバックについているから

成功できるとは限らないとお話したとおり

 

現役の官僚及び誰もが知っている

世界的投資家からの支援も受けているからといって

 

成功できる材料の一つにはなるかもしれませんが

決め手になるわけではありません。

 

そもそも

誰もが知っている世界的投資家って誰?

って、話ですよね。

 

名前を出した方が

信頼を得られるのは明白なので

 

それをしない理由

もしくは、できない理由

 

というのがあるわけです。

 

で、一番の問題点は

2つ目の買い支えを行うということです。

 

先ほど、お話したように

仮想通貨の価格は買いたい人が多ければ価格が上がります。

 

つまり、価格が下がりそうになったら

主催者がシルバーコイン を大量に購入すれば

価格は下がらずに上昇します。

 

これを

買い支えといいます。

 

つまり

資産1兆円規模の銀行が買い支えを行うことで

価格の維持をしようとするわけなのですが

 

あくまでも買い支えは一時的なものなので

その価格は本来シルバーコインが持っている価値ではありません。

 

買い支えによって維持された値段というのは

主催者がコントロールした価格でしかないので

暴落し始めたらあっという間に暴落していきます。

 

買い支えでいつまでも価格が維持できるほど

仮想通貨の世界は甘いものではないというわけですね。

 

それに、動画では

 

取引所への上場も確定しているうえに

かなり高い確率で価格の上昇も見込まれることが

予想される常識を覆す仮想通貨

 

なんて謳っていましたが

 

取引所によってはお金さえ払えば

上場させてくれるような取引所もあるので

 

どこに上場するのか?

 

ということが明かされない限り

とても信用できたものではありませんし

 

そもそも、

上場が確定したICO

というのが本当だとすれば

 

すでに十分な資金が集まっていて

身内でのセールスが終わっている可能性も高いです。

 

そうなるとICOなのにも関わらず

高い値段でトークンを買うハメになるでしょう。

 

最近では上場しても大して値が上がらず

普通にICO割れも起きているので

初期段階で仕込んだ人しか儲かりません。

 

小堀ようすけ 氏の日本再生プロジェクト のように

こうして不特定多数の方に

一斉に拡散されているということが

下流の情報だという証拠ですし

 

無料オファーで知ったのでは

すでに手遅れだということです。

 

 

小堀ようすけ 日本再生プロジェクト SWEトークン (シルバーコイン)

まとめ

 

小堀ようすけ 氏の日本再生プロジェクト の

動画を見て、まず思ったのが

 

日本人向けのオファーなのに何故英語の解説で

日本語の字幕を付けているのか?

 

ということですね。

 

これは別に

どうでも良いことなんですが

 

SWEトークン (シルバーコイン) が

本当に上場して値上がりするのかはわかりませんが

 

特商法がシンガポールということで

何か問題が発生して

電話がつながらなかった場合

シンガポールまでいく必要がありますね。

 

特商法がシンガポールなので

日本の特商法が適用されないことを意味しますので

 

消費者センターに行っても

弁護士に相談しても

 

相談に乗ってくれる可能性は非常に低く

泣き寝入りすることになる可能性が高そうです。

 

現に金融庁はICOに対して強く警鐘を鳴らしていますし

これからもどんどん規制は厳しくなっていくので

安易な気持ちで参加するべきではないと思いますし

 

これまでのオファーを見てきても

ICO案件は特に危険で詐欺的な要素が強いように感じますね。

 

昨年大暴騰したビットコインですら

最高値の1/3くらいで落ち着いていますし

現状、最高値を更新する気配はありません。

 

ビットコインですらこの有様なので

ギャンブル要素がかなり強いことが伺えると思います。

 

それに、今年のICOは

ほとんどがICO割れを起こしているので

 

わざわざICOで参加する必要があるのか?

 

と、感じてしまいます。

 

少し前に

100倍が確実だと謳っていたコインも

上場後に価格が1/15になっていますし

 

上場後にチャートを追いかけて

底で買った方がよっぽど低リスクで

リターンを狙えるんじゃないかと思います。

 

なんで、ICO割れが起きるのか

という話なんですが

 

先ほど、お話したように

無料オファーでICOが紹介される前に

すでに初期段階で仕込んでいる人がいるからですね。

 

初期に仕込んだ層は1/10の価格とかで仕込んでいるので

上場と同時に利益を確定しているわけです。

 

確かに、ICOは

10倍、20倍と価値が上がる可能性がありますが

いつ価値が上がるかわからないので

 

紹介者は

○○倍に価値が上がります!

と、好き放題言えてしまうんですよね。

 

価値が上がるのはひょっとすれば

1ヶ月後に上がるかもしれませんが

 

それが10年後、100年後

1000年後の可能性だってあるわけです。

 

なので、価値が上がらなくても

文句も言いづらいのです。

 

まぁ、投資に絶対は無いので

稼げないからといって誰かのせいにするのも

おかしな話なのですが(笑)

 

要するに

確実に稼げるわけではないので

 

ICOに参加したいのであれば

基本的に余剰資金でやるという姿勢が必要です。

 

間違っても

生活に必要なお金や

借金してまで参加するべきではありません。

 

金融投資は余剰資金でやらなければ

精神的なゆとりをもって冷静な判断ができなくなるので

負ける可能性が非常に高くなります。

 

なので、個人的に

投資で成功する方程式は

 

堅実に稼げるビジネスで資金を稼いで

それを投資に回していく

 

ということです。

 

これだと

生活費もノーダメージなので

精神的にも余裕が持てると思います。

 

基礎・基本を身につけて

堅実に稼げるようになれば

”稼ぎ方”というのは普遍的なものなので

いくらでも応用を効かせることができますし

 

自分でお金で生み出せるようになれば

リストラされても生きていくことができます。

 

なので、最も優先すべきは

”基礎から学べて堅実に稼げるノウハウ”で

稼ぐべくして稼げるようになることだと思います。

 

無料メール講座やってます!


最短距離で脱サラを目指す方法を

全4回のメール講座にて解説しています。

 

第1回:ネットビジネスをやらない方が良い人


第1回目のメール講座では

”○○という心理があると

ビジネスに成功するのが極めて難しくなる”

ということについて解説していきます



これを知っているか知らないかでは

天と地ほどの差があるので

導入部分とさせて頂きました。


第2回:○○は実は大して稼げない


第2回目のメール講座では

色んなサイトで初心者におすすめだとされている

○○がおすすめできない理由について

必要になるスキルなどを交えながら解説していきます。

 

第3回、第4回:最短距離で成功するためのビジネスモデルとは?


第3回、第4回のメール講座では

最短距離で成功するためのビジネスモデルについて

その理由を交えて解説していきます。



以上が、当メール講座の内容になります。



この内容からもわかる通り

コピペだけで稼げるとか

何もしなくても稼げる

みたいな内容ではありません。



しかし、遠回りせずに

必要最低限の作業で稼げるようになりたい方には

このメール講座は最適なものになっているはずですし


メール講座を受講し、ビジネスの本質を知ることで

詐欺まがいの悪質な無料オファーに騙されることもなくなります。

 

楽して稼げそうな情報に翻弄されて

時間を無駄に浪費するのはもうやめませんか?

 

メール講座は無料で受講できますし

いつでも配信解除もできますので

まずは登録してみてください^^

 

今ならメルマガ登録特典として


・軍資金調達!10万円錬金マニュアル

・TYS-system(独自開発したEA)


をプレゼントします!



TYS-system のフォワードも

当ブログで公開していきますので

参考にして頂ければと思います。



TYS-system とは?

TYS-system の成績はこちら



どちらも有料級のコンテンツで

いつまでも無料配布するつもりはないので

配布終了する前に受け取ってくださいね^^

 
 

 

【お知らせ】LINE@やってます!

 

更新頻度は低いですが

有益な情報や新しく始まる

企画の案内等をしていきます。


登録お願いします^^
 

友だち追加 

 

スポンサードリンク

 

-l■‐か行
-, , , , , ,

Copyright© ネットビジネスの表と裏 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。