ペンギンモバイルの代理店ビジネスが簡単で圧倒的に結果を出しやすい理由とは?

 

 

ゆうりです。

 

前回の記事では

ペンギンモバイルの代理店で

携帯代が無料になる仕組みについてお話しましたが

 

仕組みはわかったけど

いざ自分でやるとなったらできそうにない・・・

と、思っているのではないでしょうか?

 

ということで、今回は

 

何故、このビジネスがこんなに簡単で

圧倒的に成果が出やすいのか?

 

について解説していきます。

 

前回の記事はこちら

 

ペンギンモバイルの代理店ビジネスが簡単で圧倒的に結果が出やすい理由とは?

 

まず、このビジネスがこんなに簡単で

圧倒的に成果が出やすい理由ですが

 

ポイントとしては4つあります。

 

・何か新しいものを買うわけではない

・出費ではなく安くなる話

・支払う側からもらう側になれる

・被害者が出ない

 

携帯電話というのは

日常生活に無くてはならない存在で

みんなが使っているものですし

 

乗り換えに関しても

機種も番号も変わりません。

※auのandroidは除く

 

そして、代理店だからといって

何個も携帯電話を買わないといけないとか

そういうノルマがあるわけでもありません。

 

そもそも

新しく何か売るという話ではなくて

 

ただ、料金が安くなるお得な情報を教えてあげるだけ

 

なので

とりあえずは話を聞いてもらいやすいですし

 

伝えて嫌がられるどころか

むしろ、喜ばれる情報です。

 

代理店はやりたくないという方に対しては

ユーザーとして乗り換えてもらうだけでも

毎月の継続収入になります。

 

世の中に存在する一般的な権利収入の3つの落とし穴

毎月必ず買うわけではない

⇒ リピート率が低く、離脱(退会)がある

 

ダウンさん(組織図で自分の下のメンバー)が

毎月商品を購入することで権利収入が発生するのですが

これをリピート率といいます。

 

これは100%ではないです。

 

必ず辞めていく方がいたり

これ以上は続けられません・・・という方がいたり

どんどんリピート率が下がっていき

最終的に辞めてしまう方もいます。

 

今月のお金が厳しいからとか

家族に反対されているとか

他の会社で良いものがあったとか

 

色々な理由があるので

今月買ったから来月も買ってくれるか?

といったら、そういうわけではありません。

 

つまり

毎月辞めていく人がいるので

その分新規を入れ続けなくてはいけません。

 

これは権利収入とはいえませんよね。

 

ターゲットが限られる

⇒ 健康系、美容系、金融系etc

 

それぞれいろんなジャンルがあって

ターゲットが限られてきます。

 

これを飲んだら健康になれますよとか

薬事法の問題とかもよくありますが

○○が治りますとか、病気が治りますとか

 

このような謳い文句は

若くて健康で病気になっていない方は

ターゲットから外れてしまいます。

 

あと、下着関係とか化粧品とか美容系というのは

当然、男性はターゲットから外れます。

 

そして、一時期ブームになった仮想通貨みたいな金融系は

やはり、そういうものに興味のある人以外はターゲットから外れます。

 

つまり

それぞれにジャンル分けしてみると

数はそれほど多くないということです。

 

フォローが必要

⇒ 時間、お金、手間がかかる

 

一般的な権利収入型ビジネスというのは

必ずフォローが必要になります。

 

絶えずメンバーさんのフォローをしたり

電話をしたり、わざわざ会いに行ったり

セミナーに通ったり・・・

 

つまり、権利収入とはいっても

労働の部分が多くてできる人が限られてくるというわけです。

 

携帯電話の権利収入が究極な理由とは?

 

これまでの話を

携帯電話に当てはめてみると

携帯電話の権利収入が究極である理由が見えてきます。

 

毎月必ずリピートして辞めない

 

携帯代というのは何の疑いも無く毎月支払っているので

リピート率は奇跡の100%です。

 

持っててもめんどくさいから家電に戻りますとか

文字だけの方が良いからポケベルに戻りますとか

そういうことは起こり得ませんよね(笑)

 

つまり

携帯電話は毎月リピートして

支払いも滞る方がいないわけです。

 

それは何故か

支払いを辞めると携帯が止まってしまうから

ですね。

 

これは現代においてすごく不便なことで

携帯無しで1ヶ月、2ヶ月と過ごせる方って少ないと思うんですよ。

 

なので

毎月支払って辞めないわけです。

 

ほぼ国民全体がターゲット

 

携帯電話の回線は約1億5000万回線あります。

 

国民の数よりも多いわけなので

ほとんど全国民が対象だというわけです。

 

フォロー不要

 

毎月営業担当の方から電話があって

来月もうちで携帯を使ってくださいとか

 

来月docomoの携帯セミナーがあるので来てください

みたいなフォローってないですよね。

 

一度契約したら最初はフォローがありますが

その後はフォローを受けていないはずです。

 

つまり

全国民が対象で、なおかつ

その人たちに”携帯代が安くなる”という

お得な情報を教えてあげるだけで

 

登録してもらった後はフォローが要らず

その後毎月辞めずに続けてくれる

 

そういう話なのです。

 

【次の記事】

ペンギンモバイル代理店の報酬プランについて

 

【参考】

ユーザー契約の手続きの手順

代理店契約の手続きの手順

よくある質問集

 

ユーザー登録する際や

代理店に興味がある方は

必要な情報をお送りしますので

お気軽にお問い合わせください。

 

質問がある方も

お気軽にお問い合わせくださいね^^

 

スポンサードリンク
 

 

 

投稿日:

Copyright© ネットビジネスの表と裏 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.