数ある格安SIMの中でもペンギンモバイルをオススメしたい3つの理由とは?

 

 

ゆうりです。

 

前回は

ペンギンモバイルで毎月の携帯料金を節約しよう!

ということで

 

ペンギンモバイルの料金プランについて

お話させて頂いたのですが

 

これまで当ブログの記事を

順番に読んで来られた方はわかっていると思いますが

 

格安SIMを提供するMVNO事業者は

ペンギンモバイルだけではありません。

 

そこで、今回は

数ある格安SIMの中でも

ペンギンモバイルをオススメする3つの理由

についてお話していこうと思います。

 

前回の記事はこちら

 

格安SIMの業界でも一番安い

 

まず、一つ目ですが

格安SIMの業界の中でも

ペンギンモバイルが一番安いということです。

 

実はあまり知られていない情報なのですが

2015年まで独占していた

docomo、au、ソフトバンクは

 

見せ方やCMの出し方は違えど

同じだけ通信料を使うと1円として違わず

全く料金になっています。

 

じゃあ、いくらくらいになるの?

ということなんですけど

 

あくまでも目安ですが

 

300円のキャリアメール代

5Gのデータ通信5000円

かけ放題ライト1700円をつけると

約7000円というのが基本料金になります。

 

ですが、7000円で済んでいる方って

おそらく少ないとおもうんですよ。

 

スマホってインターネットがメインですから

5Gじゃ足りないんですよね。

 

そうなると

5Gからは1Gごとに1000円ずつ課金されていきます。

 

一方で

一般社団法人日本自由化事業協会が出している

ペンギンモバイルは12Gで2980円です。

 

そして、3社の国民の平均値が

約10000円になります。

 

つまり

データ通信料が2倍以上になって

価格は1/3以下になっているわけです。

 

これって

”少し安くなった”

なんてものじゃないですよね。

 

で、これは

ペンギンモバイルだけが安くなっているのか?

というと、そういうわけではなくて

各業界のプランをいくつか挙げてみます。

 

1G当たりの料金を見てもらえればわかるんですが

ペンギンモバイルが一番安くなっています。

 

何故、一番安いのか?

というのにも理由があって

 

他のキャリアは

CMだったり店舗を出しています。

 

もちろん、全国に店舗があるわけですが

維持費や人件費などお金がかかりますよね。

 

そして、TVCMなどの

広告費などの経費もかかってきます。

 

これらの設備投資や経費などが

料金に乗ってこないとおかしいですよね。

 

なので、料金が高いわけです。

 

一方で

ペンギンモバイルのCMって見たことがないはずです。

 

要は

そこにお金をかけているかかけていないかの違いで

 

ビジネス経験がある方はわかると思うのですが

莫大な広告費をかけて商品代に乗せているか

広告費用をかけずに商品を提供しているかだけです。

 

だから、他のMVNO事業者に比べて

ペンギンモバイルは安いんですよ。

 

ペンギンモバイルは安いからすごいでしょ?

というのが言いたいわけではなくて

 

わかって頂きたいのは

格安スマホ、格安SIMの業界っていうのは

これまでのdocomo、au、ソフトバンクの3社に比べると

1/3以下くらいになるくらい安いってことです。

 

そして、その中でも

ペンギンモバイルが一番安いわけですが

 

粗悪品だから安いんですよ

 

というわけではなくて

 

店舗や人件費や宣伝広告費を掛けていないから一番安い

 

という単純にそういう理由です。

 

カラクリがない

 

そして、2つ目が

カラクリが無いってことなんですけど

これだけだと意味が分からないと思いますので

順番にお話していきます。

 

一見、料金プランだけを見ると

ペンギンモバイルとさほど変わらない業者もあるのですが

 

実は、ペンギンモバイル以外は

小さく1年間と書かれていることが多いです。

 

要するに、1年、2年経つと

知らない間に料金が上がっている

ってことです。

 

今まで独占していた大手のキャリアのスマホだって

2年サイクルで替えないと

よくわからないサポートが外れて

2、3000円上がってたりしますからね。

 

しかも、契約する時に

MUSIC○○みたいなオプションをつけられて

”1ヶ月後に解約してくれれば良いですよ”

なんて言われて

 

それを解約し忘れるだけで

何十億とかの利益になってますからね(笑)

 

そして、割と最近ですが

docomo、au、ソフトバンクの

料金プランが変わりまして

 

1Gのピタットプランから

使った分だけどんどん料金が上がるようになっています。

 

これって怖くないですか?

 

スマホはインターネットがメインなのに

使った分だけどんどん課金されていく・・・

 

グーグルマップに道案内を頼んだら

インターネットに繋がっているので

これで料金が上がっていきますし

 

LINEを送るのも

ネットを使う対象になるので

料金が上がっていきます。

 

上記の例は

そんなに通信量を使うものでもないんですが

 

YouTubeを見るとなれば

話は変わってきます。

 

YouTubeって裏で常に通信しているので

1時間で1Gとか普通に消費してしまいます。

 

言ってしまえば

1時間に1000円ずつ青天井に料金が上がっていく

ってことです。

 

昔は

docomo、au、ソフトバンクにも

2Gとか5Gとか7Gみたいに

固定のプランもありましたが

今はもうそれをメインにはしていません。

 

では、それは何故か?

 

国がとにかく安くしろ!

と、圧力をかけているからです。

 

つまり、電話会社は

どうすればいかに安く見せられるか?

こう考えているわけです。

 

なので、カタログに書いてある

ミニマムの料金だけは安いんですよ。

 

実質0円で機種代がタダなの!

 

って言ってる人

周りにいませんか?

 

儲けを出さないと株主に利益を還元できないのに

その利益はどこから出るのか?って考えると

お客さんからしかあり得ないですよね。

 

全部が

いかに消費者に安く思わせるかのトリックです。

 

つまり、ペンギンモバイルは

大手キャリアのように

料金を安く見せるようなこともしていませんし

 

他の格安SIMの事業者のように

いつの間にか料金が上がっていることもない。

 

唯一カラクリが無いのがペンギンモバイル

 

だと、自信を持って断言できます。

 

最終的に携帯料金を無料にすることができる

 

そして、3つ目は

ペンギンモバイルなら

携帯料金を無料にすることができる

ということです。

 

まず、大前提として

あなたは絶対にこの3つのうちの

どれかの選択肢を選ぶことになります。

1.生涯支払コース

 

docomo、au、ソフトバンクの場合

携帯料金が毎月1万円だとして

それを30年間払い続けるとします。

 

すると

1万円×30年で360万円になります。

 

これが4人家族だった場合

360万円×4人で1440万円です。

2.格安SIMの場合

 

続いて

ペンギンモバイルに乗り換えた場合です。

 

2980円×30年で約107万円になります。

 

同様にこれが4人家族だった場合

107万円×4人で429万円です。

 

ペンギンモバイルに乗り換えるだけで

これだけお得になってしまうわけですね。

3.生涯無料コース

 

99.9%の方が1番か2番を選びます。

この1番から2番になるだけで相当安くなるのですが

 

ただ、1番と2番に共通しているのが

携帯電話を払う側だということです。

 

確かに安くはなっていますが

携帯電話を使う限り携帯代を支払う側

ってことは一緒なんですよね。

 

しかし、世の中には0.1%の

こちら側じゃない方がいます。

 

その0.1%の方たちは

携帯代が無料なんですけど

 

実際は無料どころかプラスになっているので

携帯電話を使いながら

携帯代を貰っているという方々が

世の中にいるんですよ。

 

そんな人がどこにいるんだ

と、思うかもしれませんが

 

過去に実在した伝説の

携帯電話創業者代理店

という権利を持っている方々です。

 

これはどういう権利なのかというと

もう30年以上前になりますが

 

NTTができて

携帯電話が誕生した時に

 

携帯電話の創業者代理店

 

という権利が発売されたことがあります。

 

その当時にこの権利を買った方々が

携帯代を貰う側の方々です。

 

実は皆さんが知っているような

有名人も持っている方がいて

 

大橋巨泉さんが5億円

所ジョージさんが2億円

叶姉妹が5000万円

 

これ、月収ですよ。

 

生涯これだけもらいました

という話ではありませんし

 

一度や二度という話でも無くて

これだけのお金が毎月ずっと支払われているという事実

 

これは権利収入ですから

毎月何か売っているとかではなくて

何もせずに30年以上入り続けているお金になります。

 

詳しいことは次の記事でお話しますが

これはもう30年以上前の話で

今はもう実在していません。

 

ここで言いたいのは

今はこの権利の販売はしていなくて

こういう権利を持っている人がいますよってことと

携帯電話の権利収入はそれくらい強力だということです。

 

で、実はこの伝説の権利収入が

2015年の電波法の改定によって

すでに復活しているというのは

あまり知られていない情報です。

 

これがペンギンモバイルをビジネスとして捉える際の

核になる部分なので、次の記事で詳しくお話します。

 

【次の記事】

ペンギンモバイルの代理店の仕組みについて

 

【参考】

ユーザー契約の手続きの手順

代理店契約の手続きの手順

よくある質問集

 

ユーザー登録する際や

代理店に興味がある方は

必要な情報をお送りしますので

お気軽にお問い合わせください。

 

質問がある方も

お気軽にお問い合わせくださいね^^

 

スポンサードリンク
 

 

 

投稿日:

Copyright© ネットビジネスの表と裏 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.